サイドミラー破損の話‥

2019年12月12日

とまぁ先月の話だけど。
仕事中に嫁から電話があって、開口一番に事故った!
と言う。

大丈夫か!?
怪我は!?
と聞くと、車庫入れの時にサイドミラーを少しぶつけただけだった。

とにかく嫁は修理代を心配してるっぽいが、怪我がなくて良かった。
特に怒ったりもせずに気をつけなあかんで。
だけで終わった。
本人はかなり反省してるようだったので、それ以上言う必要がないと思った。


そういえば俺が小学校の時に母親が車庫入れでバックしてる時にブロック塀に車の左後ろをぶつけるという大きな事件があった。

物凄い音に驚きガレージを見るとブロック塀が無残に崩れていた。

やがて連絡を受けた父親が帰宅して兄弟と母親は、怒ったら怖い親父だから恐怖だった。

しかし、親父の第一声は大丈夫か?怪我ないか?とだけ言い、無事を確認すると隣の家との境界線でもあるブロック塀を壊した事を謝りに隣の家に行った。

当時は修理代の事は検討がつかなかったが、ブロック塀と車の修理代はだいたい30万円くらいはかかったと今なら計算できる。

普通なら高額な修理代で怒ったりするはずだし、経済的にもポンと出せる金額じゃなかったはずだが、それでも父親は大丈夫か?怪我ないか?と母親の心配を第一に考えてたのが分かる。

子供心になんとなく男とはこうあるべきだ!親父は口数が少ないが背中で教えるとはこういうことなんだと感じた。

今回、嫁がサイドミラーをぶつけても自然と怪我がないか心配した。
サイドミラーの修理代は38000円かかったが、特に腹は立たなかった。

そして嫁は今日も車の運転してる。
Posted by へなちょこpsy at 07:55│Comments(2)
この記事へのコメント
久しぶりにコメントさせて頂きます。年末に素敵なエピソードありがとうございます。怒りっぽい自分の心に響きました。
Posted by ひであき at 2019年12月12日 19:50
〉ひであきさん
コメントありがとうございます!
最初はサイドミラーをぶつけただけの話が急に昔の事を思い出し、自分もいつの間にか同じ立場の人間になってて、ちょっと感慨深い話になりました。
Posted by へなちょこpsyへなちょこpsy at 2019年12月14日 18:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。