あの人のブログを見た…

2010年01月31日

葉月京さんの今日のブログに興味深い内容が…

生意気なタイトルですいません

いろいろな噂が錯綜していましたが、今度は間違いない。

ついに復帰!?


えっ!?言われなくても皆さん知ってたとか…

  

Posted by へなちょこpsy at 17:54Comments(4)

よりによって…

2010年01月31日

今朝、電車に乗ってちょうど3人シートの端っこが空いていたので座った。

足元が冷たいと思い、座席の下を触ってみたら暖房が入っていない…

こんな寒い日に限って暖房のスイッチを入れ忘れるなんて、考えられへんわ!(キム兄)


15分ぐらいして、車掌が車内改札に回って来たので、
へ『あの…すいません暖房入れてもらえないでしょうか?


車掌「えっ!?暖房ずっと入れてますけど」


へ『でも冷たいですよ…』

車掌がシートの下を触り。

車掌「ほんまですね〜。あっ!?申し訳ございません、このシートの下に運行の為の別の機械が入ってまして、このシートだけ暖房設備が付いて無いんですよ…」

へ『ここだけですか?…』

車掌「そうなんですよ他の座席は全部ヒーターが入ってますので…」


ええ!?

そんな…

和夫侍様…


『おうおうおうおうおう!ちょっと鉄道会社さんよ〜!運行の為の機械なのか知らねえけどさ!
そんなの工夫して他の場所に設置出来ないのかい?
こんな寒い日にお客様がかわいそうじゃねえかい?
まぁ設備上どうしても無理って話なら仕方ねえが、出来ることなら少しは改善してやっておくれ!
宜しく頼むぜ!

それじゃあ一応儀式だから申し訳ねえが、斬らせてもらうよ!』

カキーン
『ほっ!』
ズバッ
『よいしょっ!』
ドビュッ
『あらよっ!』
ドュクシ
『オマケによいしょっ!と』



さだめじゃ〜(チェリー)  

Posted by へなちょこpsy at 13:29Comments(0)

馬鹿キターーーーーーー…

2010年01月30日











約2ヶ月待ってようやく完成。

今日は試走とセッティングのみで、バンクを30周。

これから乗り込んで、煮詰めて行きたい。

その後下柳兄貴の自主トレに感化され、ジムでインナー・コアマッスルのトレーニング。


そんな自転車馬鹿の休日…  


Posted by へなちょこpsy at 23:14Comments(0)

引っ越しのアルバイトをしていた頃…

2010年01月29日

そういえば少し前に引っ越しのアルバイトの話をするとか言ったと思う。

まぁしょうもない話だけど。


あれは確か、高校3年のテニス部を引退し、進路も決まって、後は卒業式を待つのみので、皆勤賞の為だけに通学し、教室では農家の息子が家業を継ぐために学校の特別許可で学年でいち番早く普通免許を取得し、藤木君並みにさっぱり冴えないクラスメイトだったが、高校生にとって普通免許=大人への第一歩な訳で、連日藤木君の周りには、他クラスの生徒も教習所での体験談を眼を輝かせて聞き入っていた。
藤木君(仮名)の高校生活で最も輝いていた瞬間と言っても大げさではない。
とんでもないフィーバーぶりだった。


もちろん僕も大人への憧れから普通免許は必要不可欠でした。

普通免許の相場はだいたい30万円でもちろん高校生にそんな大金は無い。


そんなある日、友人から引っ越しのアルバイトを募集していると聞き、しかも面倒な面接も無く、朝6時に会社に集合し、それぞれの引っ越し先のトラックに仕事量に応じて振り分けられる。


今もあるのか知らないが『KOEI』?とか言うゲーム会社みたいな名前だったと思う。


営業所に着くとすぐに作業着に着替えさせられ、説明も無いまま4tトラックのホロ付きの荷台に同じアルバイトが5人ほど載せられた。(誘ってくれた友人は別の引っ越し先へ)

もちろん荷台に載っているので外の景色はまったく見えない。

荷台の中は見知らぬ同士ばかりで、会話した記憶は『何処へ連れて行かれるんやろ?』『売り飛ばされるんちゃうか?(笑)』等と、不安だったのは間違いない。

たぶん二時間ほどで引っ越し先に着いたと思う。

外へ出た瞬間、何処やねん!?と思った。


現場は団地の3階でエレベーターも無く、荷物を運ぶのはかなり辛かった。


階段で少しフラついたら、社員の責任者に『体を張ってでも荷物を守れ!』と怒鳴られた。

この社員はとにかく怒鳴りまくっていた。

はっきり言って怒鳴られた記憶しかない。

何の研修も受けずに現場へ放り込まれたんだから、要領良く出来るわけがない。
そして夕方頃に怒号に耐えて、引っ越しが終わった。
そして帰ろうしたその時、社員の携帯が鳴り、嫌な予感…

案の定、他の現場を手伝いに行ってくれと…

再びトラックの荷台に揺られ、着いた所は守口市。
夜の8時頃。

2、3時間で終わり今度こそ帰れる事に。

会社へ帰ってきたのは1時ぐらいだったと思う。

疲労困憊だったが給料はその日払いだったので少し元気が出た。


僕の予想では朝6時から深夜1時まで労働したから時給800?円×19時間=15200円はあるのかな?


名前を呼ばれて窓口へ行き給料袋を受け取った。

やけに袋が薄いなと思いながら中を見たら8000円ちょっとだった。

その事を他のバイト仲間に聞いたら、実働時間内は時給800円で計算されるが、移動中の時間は労働している訳ではないので時給500円で計算され、その他関係の無い移動時間は給料に反映されないとかで、この様な金額に…

理由を聞いたらもっともな説明だが、19時間も拘束されて8000円ちょっととは、何とも効率の悪い労働である。

確かこの時に世の中の厳しさを痛感し、絶対に社会人になったら頑張って成功するんだと決意した。

そういえばこの日は昼ご飯しか食べてなかったので、給料袋をポケットに入れ、帰りにラーメン屋に入った。

腹が減っていたので半ちゃんラーメンセットと餃子と瓶ビールを注文し、それを勢い良くかき込んだ。

あまり旨そうに食べていたのか?店員がゆで卵をサービスしてくれた。

家に帰ったら2時を過ぎており、母親が心配して起きて待っていた。

高校生にそんな長時間労働させて、その会社は何を考えているんや
と怒られたが、給料袋を見せたら、もっと怒られた。

先ほどの食事代は給料袋から出したので、残り6000円ほどだったからだ…


部活動で体力には自信があったが、次の日に起きたら全身とんでもない筋肉痛が発生し、階段の登り降りも困難だった。


何だか負けた様で悔しかったが、引っ越しのアルバイトは結局たった1日で辞めてしまった、へなちょこ18才の出来事であった。  

Posted by へなちょこpsy at 22:13Comments(2)

ガンバルマン…

2010年01月28日











七年前にヤクルトでドラフト1位で入団した高井投手が野手転向を決意したそうな。

甲子園で150キロのストレートを武器に鳴り物入りで入団してきたが、ケガがあったのか?投手として芽が出なかったのかは定かではないが、元々バッティングには非凡な才能があったそうだ。

そういえば愛甲選手や立浪選手も投手で入団して野手に転向して大成功しているので、頑張って欲しいと思う。

それにしてもドラフト1位でもプロの世界は手厳しな…


掛布くんが借金1億5千万円あるんだってさ…

8年前には最大2億円の借金があったとか本当か知らないけど、債権者会議をしたとか?

サイキックでも一時話題にしてたけど、やっぱり株なのかなぁ…

掛布さんなら頑張ったらなんとかなると思う。  


Posted by へなちょこpsy at 22:47Comments(2)

寒空のオープンカフェでも大丈夫か?…

2010年01月28日

















次回のためしてガッテン!のテーマは冷えた体を温める方法とは!?のような番宣をしていた。

これで真冬の寒い吹きっさらしのオープンカフェでも大丈夫になるのかな?  


Posted by へなちょこpsy at 17:11Comments(0)

雑念の多い男vs臨時休業…

2010年01月28日

巷でテキサスブロンコバーガーと匹敵するくらい話題沸騰のスピードラーニングのサンプルCDを今日も車の中で聴いてたんだけど。

ただ聞き流すだけで良いとの英語の教材なんだけど、ラーメン屋の看板が気になったり、ガソリンスタンドの値段に目が行ったり、道路脇で生コンの車を手際良く洗うイカす女性ドライバーに目が行ったりしている間に英会話のCDは次の場面へ進んでいた。


これではいけないと思い再び英会話に集中する。

と思っていたら、他の事を考えてしまい、またまた次の場面へ…

これでは聞き流すどころか、聞き逃してしまっている。
ダメだこりゃ…


まぁそれはいいとして、関西サイクルスポーツセンターに行って来た。

河内長野の森の奥深く…

うねった急勾配の酔いそうな山道を登り。

『もうすぐ着くで』


やがて関西サイクルスポーツセンターのドデカイ看板が見えてきた。

『この坂を登りきった所に…』

そしてドーン!と入り口に

【臨時休業日】の段ボールに手書きの文字が…


「お休みみたいやね…」


んなアホな!?


ホームページで定休日を調べたら火曜日だったので安心していたのに…


少し空いてた入り口からUターンする為に中へ入り、ついでに臨時休業の理由を聞いてみた。


『今月は土日のみの営業になっております』

そういえば業者っぽいトラックが沢山止まっていたのでメンテナンスか何かするのかと思った。


しょうがないから予定変更して、帰りに行き付けのファイテンショップに遠回りして寄ったらシャッターが閉まっていて、
『そうやった〜〜!毎週水曜日は定休日やったんや〜』(これはうっかりしていた僕の責任)  


Posted by へなちょこpsy at 00:08Comments(4)

スピードラーニングで…

2010年01月27日











あの!?プロゴルファーの石川遼選手も実践しているという(ほんまかいな?)、スピードラーニングの英会話の無料サンプルCDが届いた。


この英会話の特徴は、先に英語が流れて、その後に日本語訳が流れる。

これなら今までのように、テキストを見ながらとか、英語の部分しかCDに収録されていないとか、すぐに面倒になり続かなかったが、これならCDを聴くだけで日本語の和訳が入っているので聴くだけでOK。

早速、カーステレオでサンプルCDを聴いてみた。

なるほど!これなら聴くだけなので簡単だ。

まぁ初級編ということで簡単な日常会話が収録されていた。

『やあ!ジョージ』

「やあ!マイケル。また会えて嬉しいよ♪」

『どうだい調子は?』

「まあまあさ!」

てな感じでアメリカ人は本当にこんなまどろっこしい会話をしているのかは疑問だが、まぁ気にしないでおこう。


気になるお値段は、毎月一巻が送られてきて、4200円で全48巻で全巻コンプリートすると201600円となる。
圧巻のお値段!

旅行編や買い物編などあるが、ちょっと始めてみようとは思いにくいセット内容…

英語はとにかく沢山聴くことが英語力アップに繋がると思う。

僕はDMXというアーティストのヒップホップのCDをよく聴くんだけど。
(ヒップホップってなんやねん?)

最初は何て言ってるか分からなかったけど、聴いてるうちに、だんだんわかってきた。
(言葉の意味はよく分からんが…)


例えば、

段ボール入り鰹パック。

ダンボールイリカツオパック?




ダンボールイーリカウンパック?




ダンボルギーリカウンタック?





ランボルギーニ・カウンタック


バンザーイ\(^o^)/
バンザーイ\(^o^)/

は〜ぁ…しょうもな…  


Posted by へなちょこpsy at 00:05Comments(2)

大御所でも美味しく突っ込め!…

2010年01月26日

昨日の底底ラジオで僕が投稿したメールが読まれたんだけど、それ自体は良かったんだけど、若干の不安が残った。


まぁしょうもない話だけど順を追って説明してみる。良ければお付き合い下さい。

まず1月10日の放送の冒頭でのやり取り。

松井『難波利三が居った訳やね!』

渡辺「あんた呼び捨て止めとき!」

松井『こういう所は呼び捨てにしな面白くない。分かる?さん付けにしたら違和感があるじゃないですか』

渡辺「僕がそろそろフォロー出来る歳になってきたから…」


松井『基本、俺はそのまま言うべきやと思うで!さん付けしたら良い時と悪い時があんねん!』


の会話を受けて僕が投稿した内容はこうです。
『シンプレのお二人さん。こんばんは。いつも楽しく聴かせて頂いております。前回の放送で松井さんの呼び捨てについてですが、僕も有りだと思います。ダウンタウンDXで浜田さんが志村けんさんがボケた時に「志村〜!」とおもいっきり突っ込んだりするのと同じでやはり突っ込みは切れ味の鋭さと、瞬発力が大事だと思います。もちろん時と場合によりますが、大御所になればなるほど突っ込み難くなり、逆に突っ込んで欲しいと思っているかも知れません。ですので松井さんに1日も早く「米朝バカ野郎!この野郎!」と、さんまさんや紳助さんや浜田さんみたいに、大御所を突っ込んでもらえる日を心待ちにしています』
という内容でした。


で、実際に読まれたのは、『前回の放送で松井さんの呼び捨てについてですが、僕も有りだと思います。ですので松井さんに1日も早く米朝師匠に「バカ野郎!この野郎!」と突っ込んでもらえる日を心待ちにしています♪』と、真ん中の部分を時間の都合でバッサリ切られてしまいました。


確かに読み終えた後に松井さんが『ちょっと違うんですけどね…』
と言った通り少し話がずれていましたが、これだけを聞いたら渡辺さんが言うように、

「米朝師匠は神様や!リスナーやからっていい加減にしいや!」と突っ込みたくなるのも無理はないんですが、普通に聴いてたら、へなちょこって奴は米朝師匠に向かって何て失礼なんだと他のリスナーに思われたんじゃないかと心配しています。

しかし、松井さんには僕の意図する所が理解してくれているみたいなので、良しとしたいと思います。


まぁ笑いに関しては素人ですが、大御所もやっぱりボケたい時や美味しく突っ込んで欲しい時が絶対にあると思います。

そんな大御所にも突っ込みが入れれる様なビッグな芸人になって欲しいと松井さんに願っています。


まぁシンプレのお二人にたしなめられたのか?いじってくれたのか?のかは分かりませんが、僕にとっては美味しかったから多少の批判を与えてしまった可能性はありますが、良しとしたいと思います。


まぁギャグってことで笑ってもらえたし、本気にする人は居ないことを祈る。


  


Posted by へなちょこpsy at 00:48Comments(4)

僕がイタリア人ならもっとイタリア人ですわ…

2010年01月24日

すっかりこの記事を載せるタイミングを忘れていました。

確か今から3ヶ月くらい前に阿倍野駅から電車に乗り、向かい側には2人組の女性が座っていました。

発車間際にイタリア人風の男性が乗車してきました。
その男性は2人組の女性の横に座り、片言の日本語で○○駅に行きますか?
みたいなことを聞いていました。

電車が発車して2、3分後にはイタリア人風の男性は軽い自己紹介をして、あっさり女性の名前を聞き出すことに成功。

さらに2、3分後にふと前を見るとイタリア人風の男性の左手は女性の右膝の上にありました。

さすがイタリアの跳ね馬!手が速いぜ!

と思ったが、僕の会社ではセクハラ教育に力を入れており、その男性に嫌悪感と、見知らぬ外国人に膝の上に手を置かれて嫌じゃないのかと?思っていましたが、楽しそうに話していたので、やはり日本人にはスキンシップが足りてないのかと思った。


勢い付いたイタリア人は女性の膝の上に置いた手をスリスリしながら女性の下の名前で呼んだりしていた。

さらに勢い付いたイタリア人男性はあろうことか、女性の膝の上に置いた手を徐々に上の方へ進行させた!?
そしてその手が女性の太ももに達した瞬間、
『ちょっと□□調子に乗りすぎ!』とやんわりとイタリア人の手を払いのけた。

そらそうだ。
いくら何でも馴れ馴れしい振る舞いだ。
その女性も『大和撫子を軽く見ないで!』と思ったかどうか分からないが、品と威厳を出している様に見えた。


そして2人組の女性は△△駅で席を立ち、
『□□バイバ〜イ』と手を振り何事も無かったように電車を降りていった。


時には積極的に行くのも大事だが、行き過ぎは良くないと思った、へなちょこでした。  


Posted by へなちょこpsy at 22:42Comments(2)

手に汗握る…

2010年01月23日

いや〜昨日、有野課長のゲームセンターCXのVOL.9をレンタルしたんだけどさ、今までのシリーズで最も興奮したね。


一応まだ見てない人はネタばれ注意!












このシリーズは有野課長がテレビゲームをクリアするだけなんだけど、挑戦するソフトがめちゃくちゃ難しいものばかりで、主にアクションゲームが多いんだけど、特に昔のアクションゲームなんてクリアはできるようになってるけど、僕にとってはほとんど不可能に近いと思う。


そんな有野課長が挑戦したのは、ナムコの名作ドルアーガの塔のスピンオフで『カイの冒険』なんだけど、100面もあって、当たり判定や操作性も厳しいし、クリアなんて無理だと思っていたが有野課長の根気と集中力が凄かった。

一つの面で平気で2、3時間を費やしたりしてね。

その面をクリアした瞬間、スタッフ一同『うわー!!』て大歓声が上がってね、めっちゃ興奮するんだよね。だってクリアしないとロケが終われないしね。

それで1日目は15時間くらいかけて97面まで進んだのかな?


日を空けて、クリスマスに生放送で残り3面に挑むんだけど、8時間55分かけて番組終了間際にクリアした瞬間、アルマゲドンで隕石破壊に成功した時にNASAの職員等が一斉に立ち上がって『イヤー!!』と総立ちになり大歓声を上げるシーン以上の感動があった。


僕もテレビの前で自然とガッツポーズをした。


クリアする前から有野課長への応援のがたくさん届いて、クリアした後なんてが止まんないくらいだった。

それくらい視聴者とスタッフと有野課長に一体感があった。

やっぱり有野課長がガチンコでゲームに挑むから感動があるんだと思った、へなちょこでした。

  


Posted by へなちょこpsy at 14:41Comments(0)

新たな試み…

2010年01月22日





















昨日の『VOICE』で障害者の性について検証していた。

まず、障害者には性がないと思われたのが長い間続きましたが、ホームヘルパーの介護メニューにもないし、ですから公式な教育の場では誰も教えない。
(愛知淑徳大学教授談)


『ホワイトハンズ』代表が看護師や医師の卵の前で行った講義では、性=風俗、性=エロという社会的偏見がまだ大きい。

それが障害者の性という問題の根深い問題になっている。

講義を受講した学生は、看護業務として性の介護は考えたことがなかった。

と現実の一端を垣間見て、ショックを感じた等…
障害者の性の問題に気付かされたと述べていた。


一方オランダでは30年前からSARという団体が介護の一貫として、性=健康管理と位置付けて活動している。
利用料金は85ユーロ(約11000円)で、希望で同性スタッフも指名出来る。
SAR代表『これは売春ではありません。私たちにとって大切なのは障害者のケアです。』


そのオランダでは国内の60以上の自治体が料金全額を行政負担している。


話を日本へ戻すとまだまだ理解が低いのが現状。

この日はある一人の学生から協力してみたいと応募があった。
ボランティア精神というよりは今まで疑問に思っていたことが体験できる。
そういうことの方が大きいです。と答えいた。

まずは実際に体験する為に近くのホテルへ入る。


学生『こんな感じで大丈夫ですか私?』

「う〜、きもちいい」

『マニュアルを読んできたんですけど。マニュアル通りに行かないものですね』

(看護体験を終えて)
『そんないやらしさとか別になくて、淡々と言ったらおかしいんですけど。介助のようにタンタンタンと進んでいった。抵抗とかはやる前よりないですね』

と、ホワイトハンズの契約書にサインして、これからはスタッフの一人として働く決意をした。


そしてこの日ホワイトハンドサービスを受けた障害者は今まで風俗とかデリバリーを利用していたが、ぼったくられたり、お金を持ち逃げされたりして怖い思いをしてきたが、今ではホワイトハンズの介護を安心して利用していると明るく答えていた。



障害者の性と向き合う。
人が人らしく生きる為に。日本でもこの考えが静かに広がりつつあるようです。  

Posted by へなちょこpsy at 16:46Comments(6)

ぽっくんは歩く身代金な男…

2010年01月22日

会社の男性社員が今年度で二回目、通算で五回目の遅刻をして、遅刻をする度に散々怒られてきたのに、堪えてないみたいなので怒るよりまず精神状態を確認した方が良いと思い急遽面談してみた。


デボン・シャイナー(仮名)『今日は何で遅刻したんや?』


マイケル・デビット・ハッセルホフ(仮名)「起きたら9時を回ってました…」


『目覚まし時計はセットしたんか?』


「いつも嫁に起こしてもらってるんで目覚まし時計は使った事がありません」


『そんなもん自分で起きろよ。学生時代とかはどないしとったんや?』


「お母さんかお婆ちゃんに起こしてもらってました」

『マイケル・デビット・ハッセルホフ(仮名)も26才になって結婚もしたんやろ?あんまり人に頼るなよぉ。俺なんか目覚まし3つも使ってんねんぞ。多けりゃいいってもんじゃないけど。ついでに言うけどこの前の新婚旅行で11日間も休んだらあかんやろ?まぁ一生に一回の事やから何とか勤務を組んだけど』


「いや…あの…ヨーロッパに新婚旅行に行ってまして…いろいろ回ってたら…」

『ヨーロッパ!?何処にそんな大金あってん?』


「まぁ…親が出してくれたんで…」


『親!ようそんなに出してくれたなぁ。まぁそれはええとして、家から会社までそんなにかからんやろ?』

「そうですね…帰りに目覚まし時計を買って自分で起きる様にします」


『よっしゃ!ほんじゃあこの話は終わりや!仕事は出来るんやからもったいないぞ。期待してるんやから』

「有難う御座います。二度と遅刻しない様に頑張ります」


その後も話を聞いてみるとミニクーパーに乗ってるとか、実家が京都の五条の一等地にあって、親が伝統工芸の職人だとかで、何だかセレブってると思った。


どうやら彼は身の回りはお手伝いさん等にやってもらって育ち掃除も働く様になってから覚えたそうだ。


つまり、たるんでいると思われて来たみたいだが、どうやら周りの人がいろいろ手伝ってくれて育ったので、知らない事が多いようだ。


根本的に育ちが違うから、庶民的な会社に就職するとギャップがいろいろあるそうだ。


遅刻以外に常識外れの失敗が数多くある。


仕事以外に一般的な事も学んで行かなくてはいけないので大変だと思った。
  


Posted by へなちょこpsy at 00:53Comments(0)

とりあえず…

2010年01月21日















無料サンプルを電話注文。
聴くだけで英語力アップ!?
1、2巻セットで9800円のところを今なら半額キャンペーン中だと粘り強く勧められたが、『とりあえず無料サンプルだけお願いします!』

と、強く要望。  


Posted by へなちょこpsy at 15:20Comments(0)

レーシーな女…

2010年01月20日












会社の女性社員と話ているとふと車の話になり、シルビアに乗っていると言う。
理由を聞くと、元々車には興味が無かったが、たまたま街でかっこいいシルビアがドリンクを買う為に自販機の前で止まっていて、あまりのかっこ良さに自分から声をかけたそうだ。

自然な流れで付き合う様になり、私もシルビアに乗るぞって事で教習所に通いだしたが、MT免許は難しく、途中でAT限定免許にしたそうだ。

当時のシルビアは中古でも人気が高く、なかなか買えなくて、そうこうしている間にシルビア乗りの彼氏とは別れる事になった。

へなちょこ(仮名)『やっぱりMTの免許は難しかった?』

今来た加藤(仮名)「あんなん無理ですよ」


結局MT車に憧れている彼女はAT車で右足でアクセル、左足でブレーキを操作してマニュアル車気分を味わっている。

『両足で運転したら踏み間違えたりして危なないか!?』

「なれたら簡単ですよ」


僕も一度AT車で両足運転を試した事があるが、左足の踏み込み具合が難しいのと、危険な場面に遭遇した時に、とっさに間違えたりしないかと不安になり、すぐに中止した。


そんな器用な芸当が出来るのにMT車は絶対に無理だと言う。


うーんレーシング!  


Posted by へなちょこpsy at 18:28Comments(2)

案ずることより田尾安志…

2010年01月20日











誰かが『チョコレートスパークリング』の事を紹介してて、さっき100均に行ったら山積みだったので、これは試さずには居られねえな!
と思い購入。


やだなぁ…怖いなぁ…と思いつつ、キャップを開ける。

ちゃんとカリカリと音が鳴ったのを確かめて。

当たり前だけどチョコレートの香り。

勇気を出して初めての試飲。

口に入った瞬間は、あっ!?スプライト!?

ゴクッと飲み込むと、喉の奥にチョコレートフレーバーを感じた。

おっ!?
心配してたほどじゃないぞ!

そして花山薫ばりにゴキュッ!ゴキュッ!と3分の1ぐらいを流し込んだ!

ハア〜と桃色吐息。

しばらくすると胸焼けがしてきた。

スプライトにチョコレートを薄く溶かした様な味。

チョコレート好きな人には良いかも知れない…  

Posted by へなちょこpsy at 11:17Comments(0)

2度目の引退…

2010年01月19日












手首の炎症の回復が見込めないんだとさ…  


Posted by へなちょこpsy at 22:25Comments(0)

生まれた街を出て、寄り添う2人の事…

2010年01月19日

3月に結婚する兄貴が昨日、部屋を決めて来たと言う。

2DKか20DKかどっちだったか忘れたが、家賃が8万円とか言っていた。

高えなオーイ!?と思ったが、共働きだから大丈夫らしい。

へ『ほんで何時から住むん?』

兄貴「2月1日からや」

『場所は?』

「どこそこのなんちゃらで…」

『えっ!?すぐそこやん』

「車で10分ぐらいやろなぁ」


引っ越し屋の手伝いに駆り出されんだろうなぁ。


  


Posted by へなちょこpsy at 11:01Comments(0)

グワラキーン!

2010年01月18日

と近所の熱血野球親子がこの時間でもバッティング練習をしている。

車のヘッドライトを点灯し、親父がトスを上げ、中学生の息子がネットに向かって打つ。

ライバルに勝つには寝る間も惜しんで練習だ!

と、その心意気は良し!

でもカキーン!カキーン!とうるさいけど練習したい気持ちも良くわかる。

目指せ甲子園!!  


Posted by へなちょこpsy at 22:50Comments(0)

意外性の女…

2010年01月17日

会社で特に目立つ事も無く、みんなの会話に入って来る事も無く、話し掛けても必要以上の受け答えはしないごく普通の20代のおとなしい女性社員が居る。


先月、職場での営業会議の後に少しだけ時間が余ったので上司が、
上司『そういえばAさんこの前有給休暇を申し込んでましたねえ?何処か出かけたんですか?』

Aさん「はい。白浜アドベンチャーワールドに行ってきました」

せっかくなのでどんな感じだったか話してもらおうと言う流れになった。


あんまり人前で話すのが得意なタイプじゃなさそうなのにな…

と思っていたら、彼女は目線を下へ落としながら少し早口で話し出した。

意外と軽快に話しているなと思っていたら、幾つかのキーワードが気になった。
まず『○○の店のトイ面に…』

「トイ面!?」
トイ面といえば、自分から向かって正面の意味で、もちろん麻雀用語の事だが、僕も一時期麻雀をしてた経験から言わしてもらうと、まず麻雀の経験がないとほとんど知るよしも無い言葉だと思う。

それもテレビゲームではなく、実際に牌を並べた4人打ち麻雀をしなければ覚える事はないと思う。

僕もそこそこ麻雀を友達の家等でやり込んだつもりだが、『トイ面』なんて言葉は日常会話ですんなり出てくるもんじゃない。

僕の推測ではかなりの麻雀経験値だと思った。

その後も『突っ込み所満載』『客寄せパンダにもなっていない』
など、意外な言葉が次々と繰り出された。


彼女はお笑い好きでボキャブラリーも豊富なんじゃないかと思った。


いろいろ思いを巡らせている間も彼女は少し下を向きながら一点を見つめて、10分近くも漫談を繰り広げていた。


普段静かな人が、怪談話になると咳を切った様に喋りだす例と似ているなと思い、意外性の彼女に今後は要注目だと思った。  


Posted by へなちょこpsy at 13:36Comments(5)